妊娠線を防ぐためのクリーム!?選ぶポイント3選!

肌に優しい低刺激なものを?!

妊娠中は妊娠していない時よりも肌が敏感になってしまいます。そのため、無添加で低刺激なものを選ぶと良いでしょう。保存料や科学香料、鉱物油などが含まれているものは、肌に刺激を与えてしまう原因となるため避けた方が良いでしょう。また、つわりなどにより、匂いにも敏感になります。無香料のものが販売されているので、無香料のものや、植物性のアロマ成分で優しい香りが付いているものを選ぶと、吐き気を催すことはなくなります。

最も重要なのは保湿力?!

妊娠線の予防クリームを選ぶ際に、一番重要視しなければいけないのが保湿力です。妊娠線が出来てしまうのは乾燥が原因なのです。肌の表面が乾燥している状態で、皮膚がお腹の成長に合わせて伸びようとした結果、皮膚がひび割れてしまうのです。乾燥しないようにすることが大切なので、保湿効果の高いものを選ぶとよいでしょう。また、美容効果のある、コラーゲンやヒヤルロン酸などが含まれているものを選ぶと、浸透力を発揮し肌の奥深くまで染み込み効果を発揮してくれます。

値段は高くないものでも良い?!

妊娠線のクリームは安いものから高いものまで、たくさんの種類があります。人それぞれの金銭感覚の違いもあるので、具体的な値段は定められませんが、高いクリームだと使う量を躊躇してしまうでしょう。また、妊娠線の予防クリームでの保湿は毎日続けて行わなければいけません。値段の安いクリームでも、低刺激で保湿力のあるものなら問題ありません。高いものを節約して少しずつ塗るよりも、安いクリームをたっぷりと塗った方が効果的です。

妊娠線のクリームは高保湿・低刺激・無香料のものが多く、有効成分が配合されていてお肌への負担が軽いのが特徴です。