サーマクールって痛い?時代と共に変わった状況とは

サーマクールは痛かった

様々な美容効果を同時に発揮できる方法として注目されてきたのがサーマクールであり、特に市場に登場したときには大きな注目を浴びました。しかし、登場してからすぐに誰もが利用するものにならなかったのには理由があります。サーマクールは光を照射するだけだから安心と言われて施術を受けた患者が痛みを訴えることが多かったのです。それが口コミで広がった影響を受けてしまい、利用者が伸び悩んでしまうことになったのは事実でしょう。

痛みを軽減する工夫が進む

現在ではサーマクールを受けて痛みを訴えるほどのことはなくなっています。これはサーマクールの原理が変わったり、効果を減弱させたりしたわけではありません。機械側の工夫と施術の工夫を組み合わせることによって痛みを軽減することに成功したのです。優秀な効果を発揮できるはずだという自負があるからこそ、メーカー側も徹底的に研究を進めて、第二世代、第三世代といった形で新しい製品を市場に送り出してきた結果として痛みのない施術が可能になっています。

気になる工夫の内容とは?

サーマクールで痛みを感じなくなったのは二つの理由があります。一つは施術をするときの工夫によるものであり、多かれ少なけれある痛みを有効に遮断できる麻酔クリームを吟味し直したことが理由です。もう一つは機械側の改良であり、光を当て続けないことによって痛みを感じなくさせています。当初は光を同じ場所に当て続けていたためにだんだんと痛くなってしまいがちでした。しかし、現在ではパルスの光を繰り返し当てることで痛みが生じにくいようにしながら、サーマクールの効果も維持できるようになっているのです。

サーマクールはシワやたるみを解消する美容治療でラジオ波や高周波を照射して肌の奥の筋肉層に働きかけてくれる器械となっています。